« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »

2009/06/23

この色が一番好き

2009_0618jdpa0074

少し前に、ご注文いただいたネームプレートです。

うちの看板のアレンジ。

やっぱり、この色合いが一番好き。

2009/06/18

すみれのコースター

2009_0618jdpa0081

生徒さんの作品で、
すみれのフィルターケースをアレンジした
コースターが出来上がりました。

スタンプと組み合わせて、なかなかおしゃれでしょ。
他の生徒さんからも大絶賛のアレンジ作品です。

1年半前にトールを始めたKさん。
初めてのアンティーキングに
最初は四苦八苦していましたが、
5枚仕上げて、コツをつかんでくれたようです。

Kさん、今はリーフ&ガーデンの4枚サンプラー製作中。
フレームを渋~くひと工夫する予定で、
またまた次の作品が楽しみです。

2009/06/15

第11回ペイントクラフト賞

本日発表のペイントクラフト賞にて、
『押見素子賞』(審査員賞)をいただきました!

受賞作品『Flower Shop~春色の花を買いに~』
見てください!

2009_0613jdpa0076

今回は、私が今まであまり使わなかった
オレンジ×イエロー系で
春を代表するかわいいお花を描いてみました。

こんな色を使いたくなったのは、
きっと私の心が随分と元気になった証拠なのかなと
自分で分析しています。

コンテストにチャレンジすることで、
いつも新しい自分の発見があります。

それは入選のときも落選のときもで、
自分と向き合う貴重な機会なんですね。

そして、トールを続けてきてよかったと、
今回はこれまで以上に、その喜びを大きく感じました。

たぶんそれは、
思い入れのある作家さんから賞をいただいて、
5年前の、希望を失いかけていたあのころを
思い出さずにはいられなかったからでしょう。

実は8年前、小1だった長男と年中だった二男の二人が、
それぞれ学校、保育園に行かれなくなりました。
心のバランスを失い、大変な状態でした。

学校や保育園に近づこうとするほど、
壊れていく息子たちを、
どう育てていったらよいものかと悩んでいたとき、
私はホームエデュケーションという考え方に出会いました。

学校への拘りを捨て、
息子たちのありのままを受け入れ、
家庭をベースにこの子たちを育てていこうと決めたのです。

一日中息子たちと遊び、ときに数や文字を教え、
遊びや日常の中にたくさんの学びがあることを知りました。
息子たちは見る見るうちに元気になっていきました。

一時はトールをやる余裕も無くなったのだけど、
少しずつ時間が作れるようになって、再び独学でトールを再開。

いつかは教室を開きたい、
この楽しさを誰かに伝えたいと、小さな夢をいだいて、
手芸普及協会の特別審査にチャレンジ。
こつこつと見本作品を制作し始めていたのが5年前です。

そんなとき、心無い周囲の方から、
「子どもを学校に行かせないで親が趣味をやっている!」
と、ひどい言葉を投げつけられました。

残念ながら、私たちのマイノリティなやり方は
周囲には全く受け入れられませんでした。

「子どもを学校に行かせない親」
「学校に行かれない問題のある子」と
どれだけ非難を浴びたことでしょう。

一番悲しかったのは、夫からも理解されなかったことです。

家族に応援されて、トールを楽しみ、技術を磨き、
ついには教室を開いていく友達が羨ましかった。

私は今なんのために描いているんだろう…
描きかけの作品も筆も触れなくなりました。

希望の光が消えかかっていたそんなとき、
たまたま届いた協会の会報誌に
押見先生の力強くやさしい言葉を見つけました。

「与えられた環境を受け止め不平不満を口にせず、
小さな幸せを探しながら、自分にできる最善をつくす」

「自分が無くなってしまいそうなほど辛い状況の中でも、
一筆重ねるごとの変化に感動している自分を見つけたら、
まだ頑張れそうだって思える!」

この言葉にハッとしました。
そして、どれほど励まされたことでしょう。

自分を見つめなおして原点に返ってみたら、
「私はトールが好き。描くことが楽しい。」それだけでした。
やめてしまったら、本当に自分を無くしてしまいそうでした。

もう一度筆を握りなおし、先のことは考えないで、
とにかく新たな技法を知るのが楽しくて、
自分のためにカリキュラムを描き上げました。

でも、いつも心のどこかに罪悪感があった…。
私は私として、もっと羽を広げて生きたいと思うようになって、
ずっと背負っていた重たい荷物を降ろす決意をしました。

本当に不思議なんですよ。
罪悪感から開放されて、心が自由になると、
体からエネルギーが沸いてくるんです。

ああ、きっと子どもだってそうなんだ。
息子たちのことも、心の底から
「あなたはあなたのままでいいよ」って思えるようになりました。

押見先生がセミナーのとき、
「苦手なことなんて無理してやらなくてもいいのよ。
好きなことや得意なことをやって
生きていったほうが幸せでしょ。」
とおっしゃっていたのが忘れられません。

なんだか、今日はいっぱい書いちゃったけど、
今の気持ちを書きとめておきたかったので。

あたたかく見守ってくれている今の家族、友達、
応援してくれたトールの仲間、生徒さんたち、
そして共に歩むホームエデュケ-ションの仲間、
みんなに感謝の気持ちでいっぱいです。


2009/06/13

友達の作品展へ

いつもブログに遊びに来てくれる
アイランドちゃんの作品展に行ってきました。

同じ県内なんだけど、西の端から東の端へ。
久々に片道3時間も車を運転して、
ちょっと腰が痛い・・・coldsweats01

アイランドちゃんとは初めて会ったのに、
初めて会った気がしなくって、
お喋りに花が咲いてしまいましたnote

ほんとにいろんな作品が展示されていて、
生徒さんたちお一人お一人の描きたいものを
丁寧に指導されているんだなあと、
感心しながら展示を見せていただきました。

2009_0613jdpa0069

正面の貝殻と薔薇の作品(ジョソーニャかな?)
特に素敵で印象的でした~!

私も秋の作品展がんばらなくっちゃ~!

2009/06/05

画像UPが復活!

「ブログの画像がUPできなくて
ここんとこ、ほとんど更新してないんだ~sad」と
なにげな~く息子(14才)に話したら・・・

ちょちょいのちょいとPCをいじって
あっという間に・・・復活sign03

あ~あ、半年も放っておかないで
早く息子に相談すればよかった~happy02

半年の間に、新作がいろいろ完成しているんだけど、
そうだなあ・・・画像復活の第1号UP作品は、
スイートバイオレットのフィルターケースにしますshine

2009_0613jdpa0079

2009_0613jdpa0078

蓋付きなのでホコリが防げていいなあって思って、
何年か前に買ったウッド。

自宅で使うようにと(教室で教えるつもりでなく)
ガンガン混色して描いた作品sweat01

そしたら、これ、生徒さんたちにウケてしまって、
結局これと同じウッドを10個も発注することにsign03
うれしい悲鳴ですheart01

いい加減なメモ書きインストをたよりに、
なんとかレッスンしてますsweat01

アレンジして、コースターやフォトスタンドに
描いている方もいて、
それぞれ、かなりいい感じの作品になりそうですhappy01

トールペイントカーニバルin名古屋

  • ワークショップ
    8/30~9/4名古屋三越 ブース出店いたします!

セミナー情報

  • Orange_marmalade
    アンジュセミナー・銀座イソレイユセミナー・イベントセミナーなど

デザインパケット作品リスト

  • マキシンズモップ
    ♥フルールにて直接販売しているデザインパケットです。ご注文は画面右側カテゴリー【デザインパケットご注文方法】をご覧の上メールで!

アンジュイベント限定キット

  • 水辺のコテージ
    アンジュ取扱い商品です。

本に掲載された作品

  • ひまわりのバスケット
    ペイントクラフトデザインズなど

コンテスト作品

  • 五月の庭を訪ねて
    ペイントクラフト賞・ソレイユコンテスト・ピコットパケットコンテストなど
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31