« 同じ作品でも | トップページ | 木の実のボックス »

2014/02/05

色って奥が深い

今日は寒かったですね。

インフルエンザが流行っているようで、
お子さんが発熱でお休みされる方が増えてきました。
昨日今日とインフルのキャンセルが続いています。
 
今日の自宅教室はRちゃん貸切でした。
一日じっくりやって、白バラをピンクに変えた作品が
もう間もなく完成ということろまで今日は進みました。
 
Pi
 
あと少しだけコントラストと彩度の微調整をして、
最後に文字を入れます。
 
今日はマンツーマンだったので、
色についての説明をたくさんしました。
 
この作品の色アレンジは、
別のピンクローズの作品の色指定を
参考にしたんですが、Rちゃんは、
もう少しシックなピンクになると思っていたそうです。
 
参考作品と同じ色指定で描いたのに
なぜ違うイメージになったのか、
バラの形が違えばシェイド・ハイライトの面積割合が違い、
それだけでも印象は違ってきます。
 
今回は形の違いが一番大きい理由だと思いますが、
周りのモチーフの色も微妙に影響してきます。
 
葉のグリーンの彩度が高ければ、
補色であるピンクは引き立てられ鮮やかに目に写り、
全体のイメージも華やかになります。
 
参考作品には、周りに濃いピンクの実や
明度の高い白い小花も散りばめられていますが、
この作品は、脇役のあまりない作品なので、
彩度の低いベースの色がダイレクトに影響して、
メインのバラがより鮮やかに見えるのだと思います。
 
なんだか難しい話になってしまいましたね(;´▽`A``
 
できるだけ、生徒さんの好きな色イメージを聞いて
アドバイスするようにしているのですが、
イメージを言葉で伝えるのってなかなか難しいですね。
 
自分のイメージ通りのアレンジをしたい場合は、
全てのモチーフの試し描きをして色を確認してから
本番に入るのが理想かな~と思いますが、
そこまでするのはエネルギーがいりますよね。
 
ちなみに、私が新作を描くときは、
あとから調整するとインストが複雑になってしまうので、
できるだけ試し描きをして、
色のバランスをみるようにしています。
 
色のコントロールは本当に奥が深くて難しいです。
だからこそ面白いんですけどね。
 
 

« 同じ作品でも | トップページ | 木の実のボックス »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 同じ作品でも | トップページ | 木の実のボックス »

セミナー情報

  • Raspberry Jam
    アンジュセミナー・銀座イソレイユセミナー・イベントセミナーなど

デザインパケット作品リスト

  • マキシンズモップ
    ♥フルールにて直接販売しているデザインパケットです。ご注文は画面右側カテゴリー【デザインパケットご注文方法】をご覧の上メールで!

アンジュイベント限定キット

  • バニービオラのオーバルプラーク
    アンジュ取扱い商品です。

本に掲載された作品

  • ひまわりのバスケット
    ペイントクラフトデザインズなど

コンテスト作品

  • 五月の庭を訪ねて
    ペイントクラフト賞・ソレイユコンテスト・ピコットパケットコンテストなど
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30