セミナー

2017/02/16

春の窓辺セミナー受付中です

2月も半分が過ぎました。

私の歳も一つ増え(2月生まれです)
月日の流れは速いなあと、
じみじみ思う今日このごろ。
 
今年は、暮れのイベントまで見据えて、
いろいろと構想を考えながら作品描いています。
 
オファーもまだなのに、
今年のイベント半日セミナーの作品
3部作ですでに出来上がっております。
 
今年は確定申告も早めに済ませてしまおうと、
一昨日から必死で電卓をたたき、
あと清書をするだけのところまできました。
あとちょっと、頑張るぞ!!
 
こちら、確定申告書類ではありません(^-^;)
セミナーのインストです。
 
Img_5174_2
 
 
『春の窓辺』セミナーまで一ヶ月。
インスト、ステップなど、出来上がっております。
 
3月15日の名古屋セミナーお申し込みの方には、
そろそろアンジュさんから連絡がいくかと思います。
 
今回、お申し込み少なめなので、
まだ受付けしていますよ~
 
内容は盛りだくさんですが、
お一人お一人の方と
じっくり向き合えたらいいなあと思います。   
 
 
Img_4690
 
 
『春の窓辺』セミナー日程
 
<名古屋>
 3月15日(水) アンジュ名古屋店
 
<東京>
 3月31日(金) アンジュ東中野本店
 
<大阪>
 5月29日(月) ABCクラフト枚方店
 
 
詳細はこちらをご覧ください ⇒ 
 
ご参加お待ちしています!
 
 
Img_4687
 
 

2017/02/11

名古屋でファブリックセミナー

銀座ソレイユ会報誌
Tole Painting News 2月号が届きました。

名古屋セミナーの案内を
掲載していただいています。
 
News
 
 
先月のアンジュセミナー作品を
正方形フレームにアレンジした作品です。
 
東海地区の方々からリクエストをいただき、
4月19日(水)に、
銀座ソレイユ名古屋店さんで
セミナー開催させていただくことになりました。
 
この日はお部屋が半分しか使えないので、
定員12名様です。
 
いつもとちょっと違う描き方の
楽しいファブリックペイント。
 
やってみたいな~という方は、
お早めにお申し込みくださいね。
 
 
Photo
 
 
先月の東京セミナーでは、
受講者様の下準備はありませんでしたが、
このセミナーでは事前下準備があります。
 
ご了承ください。
 
 

2016/12/16

初めてのモニターセミナー

昨日は銀座ソレイユ名古屋店で
ワンデーセミナーでした。

ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。
 
Photo
 
 
受講者10名様だったので、
普通に生でデモをしようと思っていたのですが、
 
朝セミナーのお部屋に行ったら、
手元を映すカメラとモニターが2台
セッティングされているではないですか!
 
うひゃ~~~!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
使ったことないんですけど、どうしよう…
 
でも、折角用意してくださったから、
いっちょやってみるか~~!と、
モニターセミナー初トライ!
 
生でデモが見たい方は前に来てもらい、
大画面モニター見て説明聞きながら
どんどん描き進めたい方は着席したままで。
 
自由に選んでセミナー受けていただきました。
 
前半は半々でしたが、
後半は皆さんほぼ着席したままでしたね。
 
 
Photo_2
 
 
A5サイズのデモボードが
モニター画面いっぱいに映っていたので、
実物の6~7倍くらいかな?
 
こんなに拡大して見られると、
私的にはちょっとギョッて感じですが、
 
皆さんは手元がよく見えて、
わかりやすかったそうです。
 
 
Photo_3
 
 
私は使い慣れないので、
時々画面から外れてしまったり、
左手がカメラの前をさえぎってしまったり…
 
あと、パレットがなかなか映せなくて…
できればそこももっと見てもらいたいたかったな。
 
今度はもう少し工夫して使ってみますね。
 
 
今回は、上級だけど小さな作品だったし、
座ったままどんどん描けたこともあってか、
 
ほぼ予定通り進行が出来て、
皆さんかなり作品が進みました。
 
 
Photo_4
 
 
最後に残っていた6名様の作品です。
おうちであと少し手を加えたら完成ですね。
 
お一人はすでに完成してます(´▽`;)
 
 
Photo_8
 
 
こちらはデモボード。
周りのドット以外は完成状態です。
 
恒例のデモボード争奪ジャンケンで、
豊橋市からお越しのOさんがゲットされました。
早く帰られた方…ごめんなさいm(_ _)m
 
 
そして・・・
 
Photo_7
 
 
セミナーに参加してくださった
埜口先生とツーショット!!
 
タートルの色がかぶってます(;´▽`A``
 
セミナーのあとは打ち上げ!
二人忘年会、楽しかったですo(*^▽^*)o
 
 
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
 
 
今年最後のセミナーも無事終了したので、
ここで来年のセミナー告知です!
 
アンジュさん、ABCクラフトさんのほうは、
すでにお知らせしてあるとおり、
 
『Winter Cotton』
 アンジュ東京 1月16日(月)
 
『春の窓辺』
 アンジュ名古屋 3月15日(水)
 アンジュ東京  3月31日(金)、
 ABCクラフト枚方 5且29日(月)
 
 
サンケイさんは(銀座ソレイユ)
4月19日(水)に
名古屋セミナー開催が決まりました!
 
『Winter Cotton』を名古屋でも!
とのリクエストをたくさんいただいたので、
デザインをアレンジしてサンケイさんで
セミナーさせていただくことになりました。
 
2月の会報誌に掲載されますので、
詳細とお申し込みはもう少しお待ちくださいね。
 
 

2016/12/05

急慮決定!来月セミナーします!

急な話ですが・・・

1月16日(月)に東京東中野のアンジュさんで
急遽ワンデーセミナーを開催することになりました。
 
Img_4870
 
Img_4873
 
ファブリックペイント『Winter Cotton』
冬っぽいデザインの小さめ作品です。
 
コットン、シダ―ローズ(ヒマラヤスギの松ぼっくり)、
熟したオリーブをリネンに描きました。
 
フレームはセミナー後に
お好きな色で塗っていただきます。
 
布に描くのはウッドよりも早く描けるので、
手の早い方なら、
中の絵は一日で仕上がってしまうと思います。
 
なんと事前の宿題はありません!
 
私が布に転写をしていきますので、
ウッド購入も当日でOKですよ。
 
たくさん準備が出来ないし急な企画なので、
定員10名様です。
 
ちょっと変わった布に描くテクニック。
ウッドに描くよりも意外と楽ちん。
 
ご興味ある方、ぜひご参加ください!
 
 
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
 
 snowアンジュ東京セミナーsnow
 
 ファブリックペイント
        『Winter Cotton』
 
<日 時> 1月16日(月)
        10:30~16:00
 
<受講料> 6,000円+税
 
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
 
 
材料費は、アンジュさんに確認中なので、
決まったらまたお知らせします。
 
お申し込みはアンジュさんまでお願いします。
 
 
Img_4868
 
 

2016/11/23

来年春のセミナー

アンジュさんの会報誌「Tole Painting Time」

もう皆さんのところに届いているかと思いますが、
なぜか・・・うちにはまだ届きません。
 
春のセミナーのお知らせが載っているはずなので、
告知解禁!ということで、
こちらでもお知らせさせていただきます。
 
 
cloverアンジュセミナー『春の窓辺』
 
2
 
暖かな春の日差しが差し込む
窓辺のワンシーン。
 
ナチュラルテイストの可愛い小物たちが
並んでいます。
 
周りにはミモザとアイビーのリースを
デザインしました。
 
セミナーでは
窓と雑貨を中心にレクチャーするので、
リースの植物は簡単な描き方にしてあります。
 
シャビーなフレームの塗り方、
そして、私の最新オリジナルテクニック
ウッドバーニング風ペイントも
学んでいただけるセミナーです。
 
 
cloverアンジュ名古屋セミナー
 3月15日(水) 10:30~16:00
 
cloverアンジュ東京セミナー
 3月31日(金) 10:30~16:00
 
いずれも、
 受講料 6,480円(税込、材料費別途)
 
お申し込みは、
アンジュ東中野本店までお願いします。
 
 
会報誌には、
アンジュさんの情報しか載っていませんが、
大阪でも
「春の窓辺」のセミナー開催しますよ!
 
cloverABCクラフト枚方セミナー
 5月29日(月) 10:30~16:30
 
大阪セミナーのお申し込みは、
枚方店のほうにお願いします。
 
 
Img_4687
 
よく見ると・・・
 
小鳥さんがいますよ。
置き物ですが・・・(^-^;)
 
窓辺シリーズ秋バージョンも描きたいなと
構想していますのでお楽しみに♪
 
皆さま、来年のご予定
今から空けておいてくださいね~
 
お待ちしていますヽ(´▽`)/
 
 

2016/09/15

ソレイユ名古屋セミナーのお知らせ

イベント後、しばらくまったりとしていましたが、
お仕事の締切りが気になってきたので、
新しい作品を描き始めました。

大きめのウッドで、テーマは自由なので、
モチーフとテイストが決まるまで、
結構悩んでたんですが、
この路線でいこうって決めてラフを描き始めたら、
いい感じのデザインが降りてきました~
 
まだラフ段階で色決め中ですが、
一人ワクワクしています。
 
11月になったら
お披露目できるかと思います(*^m^)
 
 
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
 
 
さて、
インスタのほうではすでにお知らせしていますが、
 
12月15日(木) 銀座ソレイユ名古屋店で、
ワンデーセミナーがあります。
 
Photo
 
小さめの素材に
一輪のバラをじっくり描きます。
 
メインのバラは難易度上級前半くらいでしょうか。
 
でも、難しいバラは一輪だけなので、
セミナーで集中して描けば、
後の宿題はそんなに多く残らないと思いますよ。
 
よかったらチャレンジしてください!
 
皆さまのご参加お待ちしています。
 
詳細はこちらをご覧ください↓
お申し込みは銀座ソレイユ名古屋店まで。
 
Photo_2
 
 

2016/09/02

アンジュ名古屋セミナー

8月も終わり、気分はもう秋でしょうか。

 

季節外れになってしまいそうですが、

9月17日(土) アンジュ名古屋で、

『貝殻とアメリカンブルーの夏物語』

ラストセミナーがあります。

 
Kai

 
当初、大阪と東京だけの予定だったんですが、
名古屋で開催して欲しいとの

リクエストにお応えして、

アンジュさんが日程を取ってくださいました。
 
セミナーまであと2週間ですが、

まだお申し込み受付しています。

 
これまでのセミナーで
バラや多肉は中級後半~上級でしたが、
今回の作品は、難し過ぎず
楽しく描いていただけるレベルにしました。
 
ただ、折角のセミナーですので、
ちょっと変わった技法を取り入れています。

 

バラや多肉のセミナーに参加したけど、

難しかったという方や

白井セミナー初めてという方にもオススメですよ。

 
事前の宿題がありますので、
1週間前までにはお申し込みくださいね。

 
大阪・東京セミナーのときに、

下準備のやり方の補足を

とっても詳しくブログに載せています。

 

ご参加の方は、こちらを ⇒ 

必ずチェックしてください!

 
 

2016/07/25

枚方セミナー報告と東京セミナーご参加の方へ

昨日は、大阪のABCクラフト枚方店さんで
セミナーでした。

先月のJDPA大阪コンベンションで
お会いしている方ばかりだったので、
なんだか定期クラスみたいな気分(*^m^)
 
私もリラックスしてセミナーができました。
 
皆さん、ご参加ありがとうございました!
 
Img_4255_2
 
Img_4251
 
クーラー直撃の場所を避けて机を並べたので、
ちょっと変な配置です。
 
こちらは、皆さんの成果!
 
Img_4258
 
テーブルに綺麗に並べたら、
なんだかパッチワークのようでした~
 
宿題のテクスチャー部分、
やっぱり凸凹加減も色もそれぞれでした。
 
砂浜も貝殻もヒトデも、
凸凹加減によって雰囲気が変わります。
それぞれ違っていい感じ~♪
と、私は面白がっていたんですが、
 
皆さんが、見本のような凸凹にしたかった~
デモやってもらえませんか~と仰るので、
急遽テクスチャーのデモをやりました。
 
貝殻とヒトデは
皆さんかなりのところまで描けていました。
見た目よりも難しくなかったとのご感想!
 
アメリカンブルーは少し苦戦した方もいたけど、
なんとかコツを掴んでいってくださったと思います。
 
残りのお花と葉っぱは難しくないので、
ぜひ夏の間に仕上げてくださいね~♪
 
 
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
 
 
さて、ここからは、
29日の東京セミナーご参加の皆さんに!
 
昨日、大阪でセミナーをやってみて
分ったことがいくつかあったので、
東京セミナーの皆さんに、
これだけは!ということだけお伝えします。
 
もう宿題完了している方も
いらっっしゃると思いますが、
一応見てくださいませ~
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
まず、アメリカンブルーのベースコート
できるだけ図案に忠実に塗ってください。
 
ベタ塗りなんですが、
筆がフィルバートになっているので、
フィルバート=ストロークと思い込んで、
図案よりも花びらの切れ込みが大きい感じで
塗ってこられた方が数人いらっしゃいました。
 
アメリカンブルーの花弁はくっついているので、
あまり切れ込みは大きくありません。
 
B
 
×の形のベースに沿ってシェイドを入れたら、
なんだか違う花になってしまい、
これで苦戦した方がいらっしゃいました。
 
苦戦した方々が、
ベースからやり直したいと言っていたので、
こうなっていたら今のうちに直してください。
 
フィルバートを使うのは、
形が取りやすいので使っているだけで、
普通にベタ塗りです。
平筆で塗ってもOK。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
それから、
やっぱり皆さんが一番困っていたのは、
テクスチャーのスポンジングベース
 
7/14の記事に補足を書いたのですが、
見ていらっしゃらない方もいたり、
見ても、説明の意味や加減が
よく分らなかったりしたようです。
 
今一度、補足説明を見てください。⇒ 
 
今回の作品では、
凸凹はそんなに粗くないです。
エッグシェルの大きいのって感じです。
(表現が難しい~)
 
大阪の皆さんから出た質問や、
見させていただいた状態、それに対する対処法を、
ご参考までに書いておきますね。
 
 
●テクスチャーが多すぎた
 →かなり大きな凸凹になった
 
 パレットナイフでのばした時に、
 下地がギリギリ見えなくなるくらいの量です。
 
 叩いてみて凸凹が大き過ぎるかなと思ったら、
 スポンジに付いたテクスチャーを
 ペーパータオルで落としながら、
 もう一度叩いてみてください(さらっと1回)
 
 それでも凸凹が大きかったら、
 次工程で、絵の具を多めに叩いたら、
 少し凹が埋まってやや小さくなります。
 
 
●テクスチャーが均等にのばせなかった
 →凸凹の大きさにかなりムラが出た
 
 パレットナイフでのばした後、
 水分をよ~く取ったスポンジで、
 円を描くようにグルグルと全体を慣らしてから
 そのままのスポンジでペタペタ叩いてください。
 
 
●叩き加減が分らずいつまでも叩いてしまった
 →とげとげした凸凹になった
 
 さらっと全体を叩いたら終わりです。
 
 いつまでもいじっていると乾いてきてしまい、
 乾きかけをいじると刺々になります。
 (凸がとがった感じのザラザラ感)
 
 なってしまったら、軽くサンディングして、
 絵の具をたっぷりスポンジングしてください。
 しっっとりした凸凹になると思います。
 
 
●テクスチャーが硬かった
 →とげとげした凸凹になった
 
 テクスチャーは生クリームや歯磨き粉よりも
 やや硬いくらいが正常です。
 
 硬過ぎる場合は、ビニール袋にテクスチャーと
 シーラーまたは絵の具を入れて口を縛り、
 よく揉んで混ぜて使ってください。
 
 
●テクスチャーが上手くいかず2回重ねた
 →凸凹が埋まってしまい、ぶ厚くなった
 
 テクスチャーは1回だけにしてください。
 絵の具をたっぷり叩けば、なんとかなります。
 
 
●絵の具のスポンジングを少ない量でやった
 →下のテクスチャーの白色が所々見えている
 
 絵の具はたっぷりです。
 
 叩くと泡が立ちますので、
 スポンジの絵の具が付いてない部分で、
 そっと優しく叩いて泡を消してください。
 
 多めの絵の具で1回叩いたら、
 下地の白色はほぼ見えなくなります。
 
 乾かした後、下地が見えるところがある場合は
 その部分を少ない絵の具で叩くか
 筆で塗ってください。
 隙間が多いときは全体をもう一度叩いてOKです。
 
.以上、7/14の記事と
重複している説明もありますが、
補足第4弾でした~
 
あと、一つ前の記事と二つ前の記事にも、
下準備や持ち物のことが書いてありますので、
確認してください。
 
困っている方は遠慮なくメールかお電話してね。
 
では、今週金曜日、
東京でお会いできるのを楽しみにしています!
 
 

2016/07/20

セミナー補足第3弾

ご参加の方からご質問があったので、
下準備と持ち物の補足、もう少しさせていただきます。

ます、持ち物のテクスチャーペーストは、
小さじ1杯程度あれば充分なので、
ペイントカップなどに小分けしてきてOKです。
 
私のお勧めはジッパー付きポリ袋。
お馴染になってきたと思いますが、
空気を抜いてジッパー閉めてくださいね。
 
Photo_2
 
 
それから、転写ですが、
昨日アップしたデモボードの画像には、
アメリカンブルーの花脈が転写してなかったですが、
グラファイトで転写して来てください。
 
Photo_3
 
 
あと、デモボードには
文字がグラファイトで転写してありますが、
これはデモ用です。
 
皆さんは、セミナーでは文字は描きませんので、
セミナー後に水で消える転写紙で
写したほうがよいです。
 
 
Photo_4
 
 
練習で描いたアレンジ作品。
一応完成~~~!
 
涼やかな色なので、
暑い夏に描いて飾るといいですよ~
 
 
Img_4231
 
 
アンジュさんの会報誌が届きました!
 
7/29の東京セミナーも載っていますが、
あと10日しかありません(。>0<。)
 
でも、一応まだ受付はしていますよ~
パワーある方、ぜひどうそ!!
 
名古屋セミナーのページには、
私の貝殻さんと埜口先生のきのこさんが
並んでました(≧∇≦)
 
きのこさん、とっても素敵です。
 
よかったら2週連続で、
アンジュ名古屋セミナーいかがですか~
 
白井里美 貝殻セミナー  9月17日(土)  
埜口先生 きのこセミナー 9月23日(金)
 
お待ちしていま~す♪
 
 
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
 
 
さて、やっとアンジュさんのHPに、
トールペイントカーニバルin名古屋の
お知らせがアップされましたよ!
 
イベントセミナーのお申し込み第一次受付
7月23日(土)~25日(月)だそうです。
 
詳しくはこちら ⇒ ♥♥♥
 
ご参加お待ちしています!
 
Img_4196
 

2016/07/14

貝殻セミナー下準備

枚方セミナーまであと10日、
東京セミナーまではあと2週間です。

 
そろそろ下準備に取りかかっている方も
いらっしゃるかと思います。
 
私もデモボードの準備を始めましたよ。
 
 
Img_4208
 
 
今回は下準備で
テクスチャーのスポンジングをしていただくので、
加減が分からなくて困っている方がいるのではと
少し心配をしています。
 
かなり詳しい説明書を付けたつもりでしたが、
改めて見ると補足したいことが色々ありました。
 
先日、埜口先生のお野菜作品を習って、
教えていただいたことや、
私が生徒さんに教えて気付いたこともあるので、
以下のこと、参考にしてください。
 
 
まず、テクスチャーの硬さですが、
生クリームよりやや硬いかなというくらいが、
正常な状態です。
 
古いものは硬くなっているかもしれないので
注意してください。 
硬い場合は、テクスチャーをビニール袋に入れて、
そこにシーラーまたは絵の具を足して
袋の上からよく揉んで柔らかくしてください。
(空気を抜いて縛ればそのまま保存できます)
 
 
この作品で使う量は、
私のパレットナイフでは4回くらいすくっています。
(ナイフの大きさですくえる量が違ってきます)
 
全体にのばしたときに
下地が見えないくらいの量です。
 
パレットナイフで均等にのばせないときは
スポンジでくるくると円を描くようにのばしてから
叩いてください。
 
スポンジの水分はしっかり取ってくださいね。
水分があるとテクスチャーが薄まってしまいます。
 
 
叩いて凸凹を作りますが、
テクスチャーが少ないとあまり凸凹が出ません。
凸凹があまり出ていないときは、乾かさないで、
急いでテクスチャーを足してください。
 
乾かしてから再度テクスチャーをのせると
凸凹の凹が埋まってしまうことがありますので
2回目はやらないようにしてください。
(パテのように埋まることがあります!)
 
凸凹具合は、次段階で、
絵の具を多めにスポンジングすれば、
ある程度の調整はできます。
 
 
Photo
 
絵の具の量は、↑写真くらいあれば、
1回スポンジングして、残ったものを保存できます。
 
テクスチャーの段階の凸凹加減に関係なく、
絵の具は多めにスポンジングします。
 
そうすると、大き過ぎた凸凹はやや細かくなり、
小さすぎた凸凹はやや大きくなります。
 
スポンジに絵の具を付けてヒタヒタと叩いて、
3分の1~2分の1くらい埋まったら、
また絵の具を付けたして叩いて…という感じで、
1回のスポンジングで下地が見えなくなります。
 
たぶん泡がたつと思うので、乾く前に、
スポンジの絵の具が付いてないところで、
そっと泡を叩いて消してください。
 
 
乾かして下地が見えているところがあったら、
その部分だけ少なめの絵の具で叩くか、
筆で絵の具をのせてください。
 
もし凸凹があまりにも刺々しくなってしまった場合は
サンディングしてください。
 
テクスチャーが硬いときや
乾きかけをいじり過ぎると刺々します。
 
上手く出来たときも、転写の前には、
そっとそっとかる~くサンディングはします。
極端に飛び出たところなどがならされます。
 
 
補足は以上ですが、
凸凹の出来具合は、大きくても小さくても、
それぞれの砂浜になるので、
あまり神経質にならなくても大丈夫です。
 
凸凹の質感を出したいヒトデと大きい貝には
セミナーでもう一度テクスチャーのせるので、
ベースの凸凹が小さくても問題ありませんよ。
 
 
他にも何か分からないことがあったら、
お気軽にメールで質問してください。
 
皆さん、宿題頑張ってくださいね!
 
 
7月29日の東京セミナーは
申し込みまだ間に合いますよ~♪ヽ(´▽`)/ 
 
 
≪オマケの知恵袋≫
テクスチャーペーストの柔らかさを保つ保存方法
 テクスチャーの表面が空気に触れないように、
 中にラップを入れて、指で押さえて、
 ぴったりカバーしてから蓋をしてください。
 長持ちします!
 
 

より以前の記事一覧

セミナー情報

  • Winter Cotton
    アンジュセミナー・銀座イソレイユセミナー・イベントセミナーなど

デザインパケット作品リスト

  • マキシンズモップ
    ♥フルールにて直接販売しているデザインパケットです。ご注文は画面右側カテゴリー【デザインパケットご注文方法】をご覧の上メールで!

アンジュイベント限定キット

  • バニービオラのオーバルプラーク
    アンジュ取扱い商品です。

本に掲載された作品

  • コッツウォルズのラベンダー畑
    ペイントクラフトデザインズなど

コンテスト作品

  • 五月の庭を訪ねて
    ペイントクラフト賞・ソレイユコンテスト・ピコットパケットコンテストなど
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28